吃音による緊張の対策ってある?

知っておきたい!吃音による緊張の対策ってある?

知っておきたい!吃音による緊張の対策ってある?

 

 

・緊張すると吃音が悪化する

 

吃音で悩んでいる人のなかには、人と話す際に緊張してしまうのを何とかしたいと思っている人もたくさんいると思います。

 

家族や仲間など親しい人と話す時はリラックスできて吃音もあまり出ないけど、仕事などでしっかりと話をしなければならないとなると、緊張してしまって吃音がひどくなってしまうという人は少なくありません。特に電話応対などは声だけが頼りになるので余計に緊張するという人も多いでしょう。

 

実際、緊張してしまうと動揺してうまく話せなくなるというだけではなく、緊によって首や肩など体に力が入ってしまい口や舌が思うように動かせなくなってしまいます。

 

そういった人であれば、緊張さえしなければもうちょっとうまく話せるのにと思っているのではないでしょうか。

 

そこで、緊張してしまう人のための対策をいくつか紹介したいと思います。

 

 

知っておきたい!吃音による緊張の対策ってある?

 

 

・緊張するときとリラックスしている時の違いを分析する

 

緊張によって吃音がひどくなってしまう人は、まず自分が緊張している時とリラックスしている時の違いを知ることから始めてみましょう。

 

緊張して話をするときは身体のどこかにすごく力が入っているはずです。特にどこに力が入るのかは人によって異なるので、自分の場合はどこに力が入っているのかを分析します。
そして、特に力が入ってしまう箇所が分かれば、今度は緊張するときにその部分の力を抜くことを意識する習慣をつけましょう。

 

また、力が入るだけではなく、手をグッと握りしめるなど癖が出る人も少なくありません。そういった癖も知って、緊張する際にその癖を出さないように意識していきましょう。

 

緊張する場面で自分を分析したり、これまで無意識に行っていたものを改善するのは簡単なことではありませんが、緊張しないための対策としてぜひトライしてみてください。自分がどこに力が入っているかや、つい出てしまう癖は自分では気付きにくいので、親しい人に見てもらい指摘してもらうのも良い方法だと思います。

 

 

 

 

・完璧に話そうとしない

 

吃音で悩んでいる人は、完璧に話さなければと思いすぎてしまっている人も少なくないと思います。

 

しかし、完璧に話せなければいけないという気持ちが強すぎるとどうしても緊張してしまいますし、ちょっと話せなかっただけで余計に緊張してしまってどんどん話せなくなるという悪循環になってしまいがちです。

 

実際に吃音で悩んでいない人達の話しているのを観察してみるとわかりますが、普通の人でも一字一句間違えずにスラスラと話している人はいませんし、結構言葉に詰まって言い直したりしているものです。そして、それを聞いている人も特に気にしていないはずです。

 

次の記事も参考までに見てくださいね。

 

 

覚えておきたい!吃音の改善にストレッチが効果的?