詳しく知りたい!就職の面接時の吃音対策とは?

詳しく知りたい!就職の面接時の吃音対策とは?

詳しく知りたい!就職の面接時の吃音対策とは?

 

 

・短期間でできる対策をとる

 

吃音で悩んでいる人の多くの人にとって、大きな壁となるのが就職の面接だと思います。

 

就職の面接は普段から吃音で悩んでいない人であっても緊張で思うように話せなくなってしまうもので、吃音で悩んでいる人ならなおさらだと思います。

 

それがこわくてこれまで就職の面接を避けてきたという人もいると思いますし、吃音が原因で就職の面接がうまくいかずに採用されないという経験がある人もたくさんいると思います。

 

吃音の原因というのは解明されていませんし、治療方法も確立されていないというのが現状です。しかし、現在では有効なトレーニングなどもいろいろ増えてきていますし、時間をかけてトレーニングを行っていけば改善することが期待できるような環境も少しずつ増えてきているというのも事実です。

 

ただ、トレーニングなどで改善を目指していくのにはそれなりの期間が必要となりますし、就職の面接には間に合わないという人もたくさんいるでしょう。

 

そこで、就職の面接のために対策をとるのであれば、短期間で効果が期待できる対策をとっていく必要があります。

 

 

 

 

・面接前に前向きなポーズをとる

 

近々就職の面接があるという人の場合は、あれこれ対策をしている時間もないと思います。そういう人は面接の直前に前向きなポーズをとることで対策してみてはいかがでしょうか。

 

心と身体はつながっているので、前向きなポーズをとることで心も前向きになります。極端な例を挙げてみると、スキップをしながらネガティブなことを考えてみろと言われても、難しいものです。

 

吃音が出たらどうしようと不安なまま面接にのぞむと、視線は下がりがちで、背筋も丸まりがちになります。そのポーズによって心がさらに不安になったり、ネガティブになったりして、吃音になりやすくなってしまいます。

 

そこで、面接中は背筋を延ばして、視線を上げることを意識するのも対策になりますが、それだけではなく、面接の直前に大げさなくらい前向きなポーズをとるのもおすすめです。

 

トイレなど周囲に人がいないところで、両手を突き上げてガッツポーズをしてみたり、可能であればスキップをしてみるのもいいと思います。

 

これはただの精神論ではなく、前向きなポーズをとることで、脳内でテストステロンという成分の分泌量が増えてポジティブな気持ちになり、さらにコルチゾールという成分の分泌量が減ってネガティブな気持ちが減少する効果があるのです。

 

次の記事も見てくださいね。

 

 

劇的な結果!大人の吃音の治療方法、治し方について